ドッグトレーナーコース

ドッグトレーナーコース

犬と心を通わせる、しつけ・飼育のプロフェショナルへ!

座学と実技の授業を通して、動物の習性や行動を基礎から応用までしっかりと学びます。学習分野は、家庭犬訓練・パピーケア・アジリティ・ドッグダンス・警察犬訓練など実に多彩。
様々な犬のトレーニングを経験するだけではなく、その飼主様の相談に対応しながら、しつけや健康管理指導の方法も学びます。また、授業選択によってトリマーとしても活躍できる技術を身につけることができます。

この仕事はどんな仕事?

ドッグトレーナーはワンちゃんが人間社会で生活していく上で必要なルール(しつけ)を、犬と飼い主の両方に教えられる人です。
人と犬は違う生き物である以上、まずは犬の心理や行動をしっかり理解する事が必要であり、高度な観察力と指導力が求められるお仕事です。

現場さながらの環境で実践力を高める!

ブレーメンの実習モデル犬・猫制度を利用し、多彩な犬種・性格・特徴のワンちゃんを扱った実習を行います。実際に働く現場に近い環境で学ぶため、実践的な技術が身につきます。

学生が窓口になりトレーニング内容を決定!

トレーニングメニューについては、学生が窓口となり、オーナー様と話し合いながら決めます。オーナー様の希望を聞いたり、様々な相談を受けたりする中で、対話術・コミュニケーション能力が身につきます。

多彩なレクリエーション種目にチャレンジ!

ドッグトレーナーの基本となる家庭犬のトレーニング技術を学ぶだけでなく、アジリティやディスクドッグ、ドッグダンスなどレクリーション種目にも取り組み、着実に成長できるカリキュラムです。

こんな人にオススメです

  • 動物が大好きな方
  • 体を動かすのが好きな方
  • ルールを守るのが得意な方
  • 何かを教えることにやりがいを感じられる方

取得可能ライセンス

  • ドッグトレーナーライセンス
  • C級トリマー
  • B級プロフェッショナル
  • 愛玩動物飼養管理士

目指す職業

  • ドッグトレーナー
  • ペットシッター
  • ペットショップ店員
  • 警察犬訓練士
  • 飼育員

カリキュラムの紹介

トレーニング技術を頭と体でしっかり習得!

アジリティⅠ

入学後、すぐにスタートするのがトレーニング学。犬の扱い方や学習理論、成長過程などを学習します。そこで得た知識を発揮するのがトレーニング実習。犬の扱い方やコミュニケーションの取り方、基本的なしつけを実践で学びます。
さらに、犬や猫との接し方や手入れの基本動作を学ぶグルーミング学、動物の発育に必要な栄養を学ぶ栄養学などの授業も行います。

オーナー様の希望に沿ったトレーニングを実施!

服従訓練Ⅱ

1年次に学んだドッグトレーニングに関する基礎知識と技術に実践的な内容をプラスしたカリキュラムです。
モデル犬を通じて行う実習では、オーナー様が困っていることについて原因や解決方法を見つけ出し、トレーニングを行ないながらケーススタディを数多く経験していきます。

服従訓練

ドッグトレーニングの基礎的な技術を学ぶ授業。犬との信頼関係を大切にしながら、トレーナーが指示する内容を理解できるように訓練します。

アジリティ

飼い主と犬が一緒に参加する障害物競争、アジリティ。この種目を実際に体験し、犬とふれあいながらトレーング技術を学びます。

総合トレーニング実習

モデル犬を通じて、家庭犬の問題点を改善する修正トレーニングに挑戦。オーナー様からのヒアリングやトレーニングプログラムの構築・実施まで、総合的な能力を養います。

メインメニュー

サブメニュー